So-net無料ブログ作成

KATO マニ35ジャンク車体を再生する(その2) [工作記事など]

さて、各パーツの組み合わせ状態をチェックします。

まず車体と屋根の取り付けは?... やはり発売時期が大きく違うので(スハニ32は2010年)取り付け爪・穴の形・位置が全然違います。取り付け爪は削って接着等で付けるしかないようです。
mani35-05.jpg

窓ガラスは一枚ずつ入れていきますが、荷物室ドア窓はサイズが同じ(に見える)なので、なんとかそのまま入りそうです。
mani35-06.jpg

とりあえず、貫通幌(スハニ32より)と妻板の窓ガラス(マニ60より)を移植してみました。
窓ガラスは妻板が折妻状なので、少々の加工が必要でした。
mani35-07.jpg

また、窓の上下寸法が微妙に短く、上下に隙間ができました。まぁ、拡大しないとわからないとは思いますが。
mani35-08.jpg

あれ?、妻板の梯子が無い...(そりゃそうか)

(←戻る)  (続く→)

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。