So-net無料ブログ作成

KATO マニ35ジャンク車体を再生する(その3) [工作記事など]

妻板のハシゴはスハニ32から移植しました。取り付け穴位置は同じで、無加工で出来ました。
mani35-09.jpg

屋根の取り付け爪を削り取って屋根と合わせて見たら、ピッタリと合いました。反りや歪みも無いので、合成ゴム系接着剤で軽く接着するだけで済みそうです
mani35-10.jpg

窓ガラスを1枚ずつ切り出して貼っていきます。
mani35-11.jpg

窓ガラスは床下の取り付け爪がハマる穴(溝)が残るようにしましたが、結果的に位置が微妙にずれたので、リューターで彫り込んで穴の位置を合わせました(左下の部分)。
mani35-12.jpg

窓ガラスが全部入りました。トイレ・洗面所窓は横幅をデザインナイフでだましだまし削って狭くしました。車窓室窓はスハニ32から移植しました。
mani35-13.jpg

下回りを取り付けてみました。ちゃんとハマりました(^^)。良い感じです。屋根はまだ載せてあるだけです。
mani35-14.jpg

あとは室内関係ですね。

(←戻る)  (続く→)

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。